フィナステリドはAGAに効果絶大

抜け毛や薄毛に悩む人は意外にたくさんいますね。
ある程度年齢を重ねると、だんだん薄くなってくるのは仕方のないことなのですが、まだ若いのに抜け毛がひどいとなると、どうしても気になりますし、心配になることでしょう。
抜け毛の原因は色々ありますし、一時的なものかもしれません。
嬉しいシルエット 最初はとりあえず頭皮ケアを念入りにして、育毛剤などを試してみるとよいでしょう。これで髪が元気になって増えてくれるなら、頭皮環境が悪かったことによる抜け毛なのです。
しかし、上記の対策で全然抜け毛が止まる気配がないとすると、もしかしたら男性型脱毛症かもしれません。これはAGAといって、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが過剰に分泌されることによって起こる脱毛症です。
元来テストステロンは男性らしい体を作るという働きを担っているのですが、これの分泌が過剰だと、体毛は濃く頭髪は薄くなりがちになるのです。ホルモンバランスが原因なので、頭皮環境をいくら整えても効果が発揮できないのですね。ではどうするのかというと、そこで登場するのがフィナステリドです。
フィナステリドはもともと前立腺関係の病気の治療で使われていた成分ですが、ジヒドロテストステロンの分泌を抑える働きがあるのです。AGAが原因の脱毛なら、フィナステリド服用である程度脱毛が抑えられるということになります。これは発毛クリニックなどで、プロペシアやフィンペシアなどという薬として処方してもらえます。
副作用として、性機能の低下などが起こりえますので、必ず医師の指導のもとでの服用が必要となります。
フィナステリド服用で脱毛はストップできるのですが、そこから先については頭皮環境改善なども同時にしていくことが重要となります。

フィナステリドの服用方法

AGA治療のプロペシアやフィンペシアの主成分にはフィナステリドが配合されていますが、このフィナステリドの服用方法は簡単です。1日1回服用するだけで良いです。また服用する時間は決まっておらず、好きな時に服用して構いませんし、また食後なども決まっていません。ただ忘れないように服用することをおすすめします。
薬の服用イメージ AGAは長期的な治療になり、継続することが結果を生みます。フィナステリドも同じであり、使い続けることで脱毛がしにくくなる体になり、そして頭髪が濃くなります。継続していた利用者ほど効果があることは、口コミからもわかりますので、信じて使い続けてください。
ただ半年効果がなかった場合は、残念なことに医薬品に効果がなかった可能性があります。医師と相談して服用の継続を決断してください。

個人輸入代行での入手と副作用の危険

口コミでも評判になっていますが、フィナステリドをクリニック以外から入手するやり方があります。それは海外の医薬品を販売している個人輸入代行業者を利用することです。この業者を利用すると、クリニックでは得られなかった恩恵を手に入れることが可能です。大変安い価格で購入することができますので、利用者も大変多く、そして効果も同じであることが口コミでも評判になっています。
ただし気を付けなければいけないのは、個人輸入代行業者の中には悪質な業者も多く存在し、正規品ではない粗悪品を売りつけてくる業者もいます。思わぬ健康被害に合わないよう注意して業者を選びましょう。
また、フィナステリドはAGAで悩んでいる方には救世主のような治療薬ですが、抑制されるDHTは男性生殖器の発育に関与している物質でもあるので思わぬ悪影響が及ぶことになります。
副作用としては勃起不全や精子数の減少などの性機能に関することが中心で、本国アメリカでは訴訟騒動にまで発展しています。 なお、フィナステリドと共に現在の薄毛治療で中心的な役割を担っているミノキシジルにも副作用が報告されており、急激な血圧の変動による動悸や頻脈、多毛症などが報告されています。また、商品化が進められる中で行われた動物実験において、犬が心臓破裂により死亡するという事件も発生しています。
このように、現在使用されている育毛治療薬には副作用の危険があるので、正しい使い方を心掛けなくてはなりません。

AGA治療薬以外の解決方法

AGAは薬はもちろんですが、薬を服用しないで改善することもできます。
たとえば皮脂の分泌やフケやゴミの付着によって毛穴が詰まると頭髪の成長が滞って抜け毛が始まってしまうもの。そして睡眠不足や食生活の偏り、仕事や人間関係のストレスなどによってホルモンバランスが崩れたり、頭皮の血行が悪くなることで抜け毛がひどくなることもあります。
男性の頭 これらの場合にはスカルプシャンプーで毛穴の汚れを取り除いたり、頭皮の血行を改善するなどしてきちんと栄養分が行き渡る状態を維持することで抜け毛が改善に向かうことがあります。
ただし、AGAをはじめとする原因の進行によって頭髪の毛包が失われてしまったら、どんなに発毛治療や育毛ケアを行っても意味がなくなります。その際には専門の病院における植毛治療などで毛量を増やすというのもひとつの手段となり得るでしょう。
植毛には人工毛と自毛を使ったり、その両方を使うものもありますが、とりわけ自毛を使うと遺伝子的にも定着率が高いこともあり、失われた毛包をもう一度復活させることが可能となります。こういった植毛によって諦めていた薄毛解消の道が開かれることも多いのです。

AGA対策記事