フィナステリドをネット通販で入手する方法

フィナステリドとは前立腺肥大症の治療に開発された成分で、使用すると頭髪が濃くなったという副作用が起こったため、再び成分が見直され、薄毛の治療に有効的であると発見されて以来、AGA治療に用いられるようになりました。
フィナステリドを使用すると、脱毛のスイッチが切られ、進行性のAGAの症状が抑制されることから、最も効果的な方法とされ、日本でも認可されてクリニックなどで処方されています。
しかし、AGA治療は日本の医療制度では病気と認められておらず、健康保険を使用することができないため、治療だけでなく医薬品の購入も全ての料金が自己負担となってしまい、非常に高額な医療費を払うことになります。
1回や数回程度であればそれほど苦になるわけではありませんが、フィナステリドを服用した治療は少なくとも6ヶ月は継続する必要があるので、長期的な医療費を求められます。
そこで、少しでも薬代を安くするために、ネット通販を利用した個人輸入でフィナステリドを入手する方法を使います。
やり方は特に難しくなく、個人輸入代行をしてくれるサイトを利用して購入するだけで、海外から直接医薬品を取り寄せてくれます。通販で届いた段ボール
処方箋が無いと購入してはいけないのではと思う人も多いかもしれませんが、薬事法としては個人が利用する範囲内であれば個人輸入は認められているので、安心して購入することができます。
こうした通販でのやり方は、医薬品を少しでも安く購入したいと考える人が多く、現在では特に珍しいことではないようです。ただし、個人輸入代行を行うサイトは多く、中には偽薬を販売するような悪質なサイトもあるため、購入する前に会社概要を見たり、メールで質問するなどして、信頼できるサイトを探す必要があります。
ネット通販のやり方は難しくありませんが、しっかりと経営しているショップを探すのが難しいかもしれません。