専門の医院で受けられる最先端のAGA治療法

AGA専門の病院やクリニックでは、AGA(男性型脱毛症)治療に効果が期待できる、フィナステリドを処方しているところがあります。ライフスタイルに合わせた治療を最優先してくれるので、自分のペースで治療を進めていくことが出来ます。病院イメージ
そのほかにも、皮膚科と形成外科がある病院では、メンズエステという呼び方で、様々な薄毛治療を扱っているところもあります。フィナステリドの処方だけではなく、髪の成長を促進させる因子を注入する最新の治療法を受けることが出来ます。AGAで悩んでいて、最先端の治療を受けたい、薄毛の相談をしたい、などという時に利用すると良いでしょう。
フィナステリドは、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が増えるのを抑制してくれる薬です。思春期移行、男性の体では男性らしさを作り出すためのテストステロンという物質が盛んに作られるようになります。テストステロンだけが増えるのならば薄毛になるとは限りませんが、II型5αリダクターゼという酵素が作用すると、還元されてDHTになります。DHTは薄毛を引き起こす黒幕のような存在で、毛乳頭(発毛に関わる器官)を萎縮させる、毛母細胞の成長を抑制するというダブル攻撃をしかけてきます。
するとヘアサイクルの成長期が短くなって、髪が成長する前に抜けてしまい、薄毛になってしまうリスクが高くなります。
DHTの影響は深刻ですが、さらに生活習慣の乱れから、皮脂腺から皮脂が出やすくなる食生活をしていると、毛穴が詰まって炎症を起こし、かゆみが出てくることもあります。
この場合、かゆみ止めを使って不快感を取る必要が出てくることもあります。かゆみ止めローションやかゆみ止めスプレーなどを使って、症状を楽にすると良いでしょう。もちろん、日頃のシャンプーも丁寧に行うことが重要です。