AGA(男性型脱毛症)で薄毛が気になりだしたら治療

男性型脱毛症のことをAGAと呼びますが、男性型脱毛症は20代の男性では約20%、30代では30%、40代では40%の発症率が在ると言われています。
男性型脱毛症は、遺伝子の影響を受けて、男性ホルモンの一種とされるテストステロン、体内酵素の5α-還元酵素の二つが結びつくと、テストステロンはDHTと呼ばれる男性ホルモンに変換されます。
DHTはヘアサイクルの中でも成長期の期間を短くする性質を持つのが特徴で、正常な人の髪の毛の成長期は3年から5年と言われているのですが、男性型脱毛症の症状を持つ人の場合は3ヶ月と言う短い期間で抜けてしまうため、髪の毛のボリュームは徐々に減り、薄毛の症状を作り出してしまうのです。頭皮の画像
また、男性型脱毛症は進行型の脱毛症とも言われており、AGA治療を行わずにそのまま放置しておくと、側頭部などの部位を残した状態で抜けてしまうとも言われており、早めにAGA治療を受けるなどの対策が重要とされています。
尚、AGA治療を行う専門の病院では現在の進行状況を確認する目的でハミルトンノーウッド分類と呼ばれるものを利用して、進行の度合いとなる進行状況を確認した上で対策を行う事になるのが特徴です。
ハミルトンノーウッド分類では、9つの症状の進行状況をイラストで表示が行われており、薄毛の進行の度合いに応じて治療方法などの対策を専門医が行ってくれます。
また、9つの進行状況は3つのレベルに分類されており、脱毛が始まっていないもしくは、脱毛が始まっていても気付かないレベルから、脱毛の状態が全体的に進行している状態までのレベルに分類されており、症状に応じた対策が必要とされると言います。
尚、大半の髪の毛が抜けてしまった場合など、毛母細胞が死滅していなければ発毛の可能性は高いと言われており、早めの対策となるAGA治療が必要と言われているのです。